スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5人プレイで超惨敗

5人で最初5番手でスタート。
メンツはスタートプレイヤーから順番に、ささこ、ごーるでんぱぱ、あるべると、しるば、私。
ぱぱ、ベルトにサクサク調理場を取られる。まぁ暖炉でなんとか、と思っていたらしるばにレンガ暖炉を取られてプラン破綻。
石の暖炉目指して石材集めていたらなんと石の暖炉もしるばに取られる。
食料をどうにかできる進歩が全く持っていなかったため、この時点で食料供給は場から直接取るのみ。
なんとかかまど取ったけど全く間に合わず物乞い1枚げっと。
その後も食料をどうにかする目処が全く立たず、4人目の家族が増やせないまま終了。25点で当然ビリ。ありえなす。
トップは43点でささこ、しるばがタイ。

この一戦でしるばから聞いたのだけど、5人プレイにおいて小さい進歩「木の家増築」は滅茶苦茶強いとのこと。
検証してみたけど確かに強かった。
まず、5ラウンド目に必ず家族が増やせること。
4ラウンド目にスタートプレイヤー取りつつ増築で絶対に3人目一番乗り(乳母などがいなければ)。
そして葦が1でいいこと。
5人プレイでは、葦石木のアクションと木4のアクションに行けば増築準備完了。相当早い。
ステージ1の8アクション中3アクションで増築増員準備が万端。後の5アクションは職業やレンガ→大きな進歩に使えば良い。多分コレは家長にタメ張る速度。4人目は普通にやらざるを得ないが、アグリコラは2→3人の増員が3→4人の増員より影響でかいのでかなり有利だと思う。

更に考えるに4部屋目、5部屋目の増築は5人プレイにおいてはレンガに改築後の方が安定するかも?
レンガ3のあまり具合を見つつ、柵材の奪い合いで少し楽をする選択が取れると有利になる気がする。それにしても小さい進歩「木挽き台」は強いな。
コスト木2は嘘でしょう。木3でもいいくらい。

とりあえず次は勝つ!!
スポンサーサイト

最近やってないけど小さい進歩続き

そろそろアグリコラ大会をやりたいけど結婚式関係でいろいろ先送りにしていた行事が土日に入ることが多く、しばらく暇にならない。夜中だけ遊びに来る人とか募集中。

「はしご」に代表される葦が改築、増築時に少し減るやつは、出せれば結構役に立つのだけど出すためのコストが能力の割りに高めな気がする。得点にもならないし。
木材が潤沢な場なのかカツカツな場なのか見極めて出す出さないを決めておきたい。
木材争いが激しく、葦が中盤以降余る展開ならはしご出す1手とコストが確実に無駄になるため。
ドラフトで選ぶかどうかでは、状況によって強いのは確かなので取っておいて損はない。出す出さないで調整すべきもの。

よく話しにあがる「葦の家」は見かけたら取っておきたいもの。
実際問題自分が使える使えないは別として、他の人に取られると厄介極まりない。
ただ比較的重いので他に軽いのが手元にないときに取ると動きづらいかも、くらいは考える。
あと、コンボ的にどうしても欲しい進歩が他にあるときとか。
葦の家をスルーするなら「他の誰かが葦の家持っている」ことを頭にいれてプレイしないといけないかもしれない。

地味に強いのが「石臼」。コストは石1なので3人以下のプレイ人数だと出しづらい。
しかし十分に強い。レンガ暖炉+石臼で麦1が食料7に! そこまでいかんでも調理場+石臼はパン焼き小屋とかの完全上位互換だったりする。それどころかかまどと組み合わせるだけで石の暖炉より性能よかったり。
暖炉と組み合わせて食料に余裕も足せた戦略でいくか、調理場系と組み合わせて家畜もパンもバランスよく行くか、どっちにしても有効なので取って損はしないカードだと思う。

次に「馬」。最初の1枚にするようなカードではないが、畑プレイで家畜に手が回らなさそうなら取ってもいいカード。コスト0なので何かのついでに出しやすい。

「木の宝石箱」。個人的には部屋数4個以下プレイが好きなので選ばないけど、建築家系の職業とかレンガ混ぜ+レンガの家で増築プレイとかヴィラ狙い部屋数プレイとかと組み合わせると馬鹿にならない得点力。出すコストが安いため、6部屋とはいかずとも5部屋でも十分お釣り来る。
一回コンセプトプレイで選んでみたいカード。

「木挽き台」。これがコスト木2だけってのは安いと思う。コスト含めて12個の木材で15本の柵を建てられる。さらに厩も1個タダ。出した分の元は確実に取れるし、出しやすさも高く牧場プレイをするなら是非取りたいカード。

と、やはり思いついたのだけ並べてみた。続きはまた暇なときに。

3人プレイはきつい

おそらく3人プレイは一番きっついな。
ゲームバランス的には職業を2人に1つで配置してるのだろうけど、3人プレイ用は1.5個を表現するためにコストが倍になってるため非常にツライ。

いくつ目の職業でも変わらないので選択そのものがしづらい。食料2の価値がある職業が手元にあるとは限らないわけで。

職業を数出せないので、複数の職業でコンボさせるのではなく、職業と小さな進歩でコンボが成立するのが理想か。

そんなこんなで3人プレイ。ドラフト時点で気が付いていたけど食料ブースト系のものが何一つ無いためカッツカツの展開。
それでもなんとかそれなりの形の農場にはしたけど34点までしか伸びずに2位。最後目算が甘く、厩4件建てて4点ゲットのはずが、ゴールデンパパに増築アクションを先にとられてしまいできなかった。
1位はしるば36点。パパの点数は29点で3位。

2回連続で出来高労働者プレイ。木材運びも併用した。この二つの組み合わせは本来もう少しパワーあると思うのだけど、食料が足りなかった。
やはり多少無理しても初期にレンガ暖炉取るべきだったな。
出来高労働者がレッサー種屋みたいに麦を稼いでくれるので、つい風車小屋で賄う生活をしてしまったのが根本的な敗因。
ただ最終盤面は結構きれいだったのでそこそこ安定はしてたんだな。

前回に引き続き終盤3アクションは使えなかった。
11ラウンドに的を絞ってスタートプレイヤーを取りにくる人が自分の左にいるとそうなる。
意地になって取り返してもいいのだけど、残りの小さな進歩は結構コストも馬鹿にならないものばっかりで、終盤他に集めたいものもあることだし、と遠慮した。

ここで突然、出来高労働者について。
石を集めるには石運びよりやや弱く、木を集めるには木こりより弱く、麦を集めるには種屋よりかなり弱く、レンガを集めるにはレンガ混ぜより圧倒的に弱く、といった性能ながら、全てに対応できるのが強み。さらに葦に対してもブースト能力があるのは他にない強み。器用貧乏万歳!
特に4人プレイの「葦石食料」と5人プレイの「葦石木材」アクションでの強さは半端無い。
基本的に「複数資源の取れるアクション」に食料ぶっこんでいく使い方が強いので、木材運びと相性がいい。木と葦を手に入れつつそれぞれ+1個は相当早い。
最初はそんなに食料ねーよ、と思っていたが、麦すらブーストできる関係でパン焼きが早く、意外と食料もなんとかなる罠。肝心の暖炉を得る材料もブーストできるので暖炉取り合戦で負ける、といったこともあまりない。

と、ここまで出来高労働者をプッシュしておきつつ相対評価としてはレンガ混ぜ、種屋のほうがお勧めだったりする。木こり、石運びよりは出来高選ぶかな。食料はなんとかなるだけで余裕があるわけではないので。
ただいるといろいろ地味に安定度が増すのも確か。石臼とかパン焼き長老とかと一緒にいるなら種屋よりこっちかも? レンガ混ぜと比べるとそれでもびみょいけど。

あ、葦の家あるなら出来高いたほうがいい。多分。葦加速のためだけに使ってもおつりくると思う。

カードリストのエラッタ発見

このブログでも紹介してたサイトのカードリストだけど、
「倉庫番」の記載が間違っている。

誤:「1つのアクションで葦と木材の両方を取るたび~」
正:「1つのアクションで葦と石材の両方を取るたび~」

カードのほうみて確認したから間違いない。
普通に考えて5人プレイのときか木材運びと組み合わせないと使えない職業はなさそうなのでカードのほうが正解でしょう。

因みに今回使った出来高労働者は、1アクションで何種類かの資材が手に入る状況において凄く強い。
そのため木材運びとも相性がよかったりする。
食料事情にもよるけど出来高労働者は使える子。

結婚式の余韻を感じつつもアグリコラとかいい加減にしたほうが良いと思う

べるとさんささこさんおめでとー!
とここでも言いつつアグリコラやった話。

4人プレイで参加者はいつものさいたまメンツ。
ダイス運のせいでやはり4番手になる私。

予てより考えていた1ラウンド最終手番の時のプレイングを実戦してみる良い機会。

この位置取りのドラフトで気をつけるポイント。
・職業は単純な強さよりも、後から出してもそれなりの効果があるかどうかを基準に選ぶ。
 これは大抵の場合職業を配置するチャンスが4ラウンドくらいまで回ってこないため。
・小さい進歩カードは出しやすさよりやや強さに重きを置いてチョイス。
 また、他人の手の中でコンボを作らせないようにとかもやや考えて。

そして基本指針。
・スタートプレイヤーを極力取らない。

基本よほど初期に出して強い進歩があるとかでも無い限り、スタートプレイヤーを取る1手は手損。
最初の位置取りですでに手損が激しい中でスタートプレイヤー取り合い合戦をしていると、初期に職業やら良い資材手に入れている人には絶対に勝てないのではないか、と考えた。
何より自分と最初のスタートプレイヤー以外の人がスタートプレイヤーを取ってくれれば手損なしに位置取りが改善するので他人に期待プレイもありではないかと思っていた。

で、実際にやったところ、思うようには行かなかったワケで。
・最初のスタートプレイヤー夢生場から3ラウンドほど誰もスタートプレイヤー取らない。
・やっと移動した先はしるばで自分の位置取りは4→3
・次のラウンドには夢生場がスタート取り返す。
といった内容。
他人に期待した立ち位置の改善はほとんどない状態で進んでしまった。

しかし、何故か3ラウンドくらいで職業ががら空きになったため、倉庫番と出来高労働者の2枚を出すことに成功。
これで一気に風向きがよくなる。
葦1石1食料1のアクションを行う度に食料3を注ぎ込んで葦2石2麦2食料1をゲット。
特に葦2が重要なポイント。葦の家で早々に家族を増やしている夢や私より早く増築に入ったゴールデンパパに続いて一気に2部屋増築に成功。
家族を増やしつつ鋤と石臼を出す。
そのあとも出来高労働者で地道に木材をゲットし早々に牧場を作成したり、そろそろ誰も取らない職業でコックを出したりして食糧事情改善と家畜ゲット準備。
石材も出来高労働者で多めにいただき、製陶所、かご製作所をゲットしつつ4部屋を石の家まで改築。

相変わらずスタートプレイヤーからの位置取りは悪いので早々に後半の3アクションを諦め、畑を地道に耕したり種をまいたりしながら後半まで。
あまったレンガをゲットし、葦も出来高労働者で多めにゲットし製作所シリーズのボーナスもそれぞれ3点に。

結果48点で勝利。
なんかプレイングで勝ったというよりカードの強さで勝った感もあるけど、もうちょいやってみたら感覚つかめるかもれない。

小さい進歩徒然

小さい進歩は職業と違ってコストや条件がさまざまなので単純に強い弱いは言いにくい。
スタートプレイヤーのアクションと絡んでいるせいで、ただ出しやすいだけでそこそこメリットになったりもするので。

出しやすさと使い勝手を兼ねた進歩で好きなのは「小牧場」と「個人の森」

どちらも食料2で出せる。個人の森は1ラウンド目でスタートプレイヤーじゃないときに重宝する。
木材7本は非常においしい。ただし出すのが遅くなればなるほど価値は落ちる。1ラウンドで出してなんぼのカード。

「小牧場」はいつ出してもいいし、牧場0でどうしても進めたいとき(そんなのがあるのかは知らない)以外デメリット特になし。柵のアクションをせずにスタートプレイヤーや家族を増やすを取りながら牧場1つ設置。木材4個と食料2のトレードでデメリットもなく使いやすい。ただし使ったら次の人に移るため状況だけは見たほうがいい。

他に好きなのは「平地」。出す条件が比較的ゆるく。機能として畑2個分。畑プレイをするときの食料基盤を作るまでを短縮できる。

強い弱いで言えば強いのが「斧」。3部屋増築するのに必要な木材が15→6へ。葦集めとかと一緒にいたら多分手がつけられない。出すのに石が必要なのがネックだけど4人プレイ以上ならあんまり気にならない。

パンで喰っていくならコストパフォーマンスに優れてるのが「パン焼き桶」。レンガ3でレンガ暖炉が手に入るので3人以下プレイでもステージ1で暖炉。安定度は高い。

コスト安くはないけど好きなのは「木のクレーン」。石の産出量が一人だけ倍増する勢い。
修理屋と一緒にあったら石で増築したほうが早いのではなかろうか、というのは少し言い過ぎか。
大きい進歩において石はかなり必要なのにプレイ人数によって産出量があまり変わらないため、プレイ人数が多いときほど有効になる感じ。

「パン焼き~」(小屋とか部屋とか)の系統はそこそこ欲しいけどドラフトのとき真っ先に取るほどではないかな、というのが最近の感想。石の暖炉でもそこそこ回るし、暖炉ゲット競争で負けても「パン焼き~」のコストとして暖炉返してもらえる可能性が出てくるし。
ただ2週目あったら取る。得点目当て。

あとは思いついたら書く。とりあえず今挙げたのは比較的手札に入れやすいやつらって印象。

広告がびみょいな

なんでボドゲの話ばかりなのにこんな広告が付いているんだろう……とか思ってたけどよくよく考えれば「乳母」だの「増築」だのそんな単語ばかりだった件w

話題の中心がアグリコラからずれたらまた思いもよらぬ広告に変わったりするのだろうな。

スタートプレイヤー

初期の並び順とスタートプレイヤーについて思うところが出てきた。

多分ドラフトの指針になるんだけどまだ固まって無いのでなんとも。

1ラウンド目を何番手で過ごすかによってドラフトで集めるべきカードの傾向があるのは確か。
狙い通りの傾向に収まるものが回ってくるかは運だけど、どういうのを集めるのが妥当なのかは知識として知っておきたいのでちょっと実験プレイを試みるつもり。

なのでしばらく初手スタートプレイヤーは引きたくなかったりするw

これで解禁のはず

結婚式でバタバタしててやってなかったけど、そろそろまた遊びたい今日このごろ。

そういや2次会でぜつに「家長より乳母のほうが強いと思う」と言われた。
確かに微妙なラインかな。

ステージ2にならないと家族は増えない、という全体の流れをぶち壊すパワーを乳母は持っている。
一応農場管理と愛人にもそういうマネは出来るけど4人目まではむしろ遅かったりするあたり乳母はやはり頭一つ上。

ただ一応乳母は対策できるっちゃあ出来る。
・増築されないようにプレイングする。
・家族維持が大変になるように先にかまど、調理場や溜まった漁などを漁っておく。
などなど。増築は材料を取らせないのと増築アクションそのものを先取りしておくことの2択。多分葦を押さえるのが一番早い。

あとは5ラウンド目に家族を増やすアクションが出てきたケースでは、実はそこまでアドバンテージが多くは無い。少なくとも乳母持ちと他の誰か、という2強構成になるはず。

家長は家族を増やすスピードは他のプレイヤーと全く同じ。
ただ家族を増やそうとする行動を誰にも邪魔されないためプランニングに余裕が出る。
スタートプレイヤーが誰であろうと材料さえあえれば最速で家族を増やせることが確定している上、部屋のいらない家族を増やすも確定で取れるため5人まで家族を増やせることも確定しているので部屋数も3~4個で十分になる。
スタートプレイヤー争奪戦から少し離れるので余裕が出るのと家が5部屋必要無い分を柵に回したりできるあたりで余裕が増える。

乳母>家長のときっていうのは多分乳母でスタートダッシュに成功してアドバンテージを活かして家長の能力関係ない速度でぶっちぎった時だと思う。
立ち上がりがうまくいかない時は、弱くこそないもののあまりパっとしない動きになることが多い。

安定度を評価するか爆発力を評価するかって感じかなぁ。

やってみたいことメモ

へら、石切、工場長、パン焼き桶、農場管理を組み合わせてステージ1レンガの家プレイ。
スタートプレイヤーを鬼のように取りつつ点を稼げる体制。

農場管理は完璧についで。せっかく改築プレイだからというだけ。
この構成なら多分レンガ混ぜがいるほうがいいか。

石切、工場長、パン焼き桶で、レンガ暖炉がレンガ2、石の暖炉がレンガ1石1or石2、家具製作所が木1or石1、製陶所がレンガ1or石1、かご製作所が葦1or石1で全部小さな進歩になる凄まじさ。

全部取れば11点+ボーナス。スタートプレイヤーのついでに安く点数稼ぎ。ついでに食料もかなり安定。
スタートプレイヤーの駆け引きに強くなるので資材集めにも有利かな。

やってみたい。ぜひやってみたい。

ちょっとレイアウト変更してみた。

コメントがフォームの上に来るように変更。

まだちょっと気になるとこあるけど、テンプレートをそんなに弄る知識がないのでしょうがない。

トラックバックとかどうせ無いみたいなものなんだからもっと下のほうに移したいがいつになるやら。

競い合わない農場

基本スタンスとして、ステージ1は

1.増築材を集めておきステージ2の増員に備える。
2.かまどか調理場を得ておくor得る準備としてレンガを得ておく。
3.羊を焼くか漁や葦石食料のアクションで凌ぐ。

が行動パターンなのだけど、1.で葦争い、2.でレンガ争いが発生することと、増築と大きな進歩の取り合いが発生するため、スタートプレイヤーが重要になる。

そのため軽い小さな進歩と組み合わせスタートを取る手損を補いたい。

で、みんながそういった行動をすると必然的にスタートプレイヤーの取り合いになってくる。
ただ基本的に、どうしても出したい小さな進歩がある状況じゃない限り、スタートプレイヤーをとる1手は損になる。

自分以外のメンバーが熾烈なスタート争いをしている状態でうまいこと立ち回って別方向から点数を伸ばす方針も引き出しとして欲しい。
そうできればたまたま位置取りがいいときは王道で、そうじゃないときはそれなりに安定した動きができると思う。

ただそれでも家族3人目は早めに増やしたい。
かまど、調理場競争は降りて暖炉に行けるが家族競争は完全に降りるにはきつい。体感的に3人目のパワーは4人目5人目より遥かに強い。いつまでも自分だけ2人では勝負にならない。

ここを補える可能性を持った職業は愛人、農場管理。ただ両方とも4人目までの段階でアドバンテージが消える。農場管理にいたっては改築がいつ出るかに左右されるため、下手するとアドバンテージ自体がない。3人でステージ5まで行く覚悟が必要。もしくは増築をちょっと後回しにできるくらいの職業だと割り切る(これだと結局増築が必要なので増築レースに遅れてついていくことになるが)。

小さな進歩では葦の家が筆頭。というかもっとも限りなく正解に近い。

あとは学者のように「ラウンドのはじめに~」系で手数の少なさを補うプレイをしてみたり、小売人と食料を大量供給できる何かで一気に複数資材を得て手数を稼いだり、へらなどを利用したり職業訓練士でがんばってみたりすればある程度は行けそう。

あとはレンガ坑と石切り場、季節労働者、庭職人で日雇いを超効率アクションにパワーアップするとかあるけど、そんな手数あれば苦労はしないという……

カードに左右されないプレイングとしては、増築レースは降りるが増築材は常にキープしておき、ちょっとした隙に2部屋増築を狙う、とかになるのかも。
そういった意味では斧、レンガの柱、大工なんかもいい助けかも。
いやこの辺もってたらむしろ積極的にレースで勝ちたくなるけども。

増員にかかわる争いをどう凌ぐかを考えないとなぁ。。。

寄せ

最後のラウンドに何をするか。

そんなことは決まっていて得点集めと食料集め。
資材集めは2手以上使わないと得点にならないので、手数割してそれでも効率がいい場合のみやる価値あり。基本はしない。

2点のアクション。
1.持っていない家畜、野菜、麦を取る。持っている畑が2個以上5個未満のときの畑を耕す。
2.大きな進歩レンガ暖炉、家具製作所、製陶所、かご製作所をとる。
有効なのはこれくらい。一応レンガの家増築とかも入るけど資材消費量から見てイマイチ。
2.は資材が必要。資材を取るのに1アクション必要ならこれは1点のアクションと等価。
ただし製作所はボーナス含め最大5点分の効果があるのでそれが狙えるなら2.5点アクションといえる。

3点のアクション。
1.家族を増やす。
2.持っている畑が1個のとき畑を耕す。
3.大きな進歩石の暖炉を取る。
2.3.は2点のアクションと一緒。1.は資材がいらない代わりに食料が余計に必要。

4点以上のアクション
1.牧場0の状態から牧場を作る(埋めたマス+作った牧場の数の点数。最大11点のアクション)。
2.大きな進歩井戸をとる。
3.改築+大きな進歩or柵
1.は効果が非常に大きいため周りが許すのであれば最終ラウンドでもできれば15本の木材を集めてから行いたい。2.はコストが安いのが魅力。3.は1.2.と組み合わせ可能。1アクションで稼げる得点として5部屋改築しつつ6マスに牧場4設置で16点アクションがありがちな範囲の最高得点かなと。

このへんの2点以上アクションを優先的に狙い、全部無理になったら次は1点アクションを狙い、それも無理なら妨害活動に出る、くらいが基本スタンス。

あとはカードのボーナス条件にもよる。たとえば村の長老を出しているとき、あと1枚進歩を出せば進歩数トップ、とか言うときは得点にならない進歩を出す行為も3点分のアクション。

まだ柵はないけど柵のアクションをしたら明らかにトップに立つ人がいるときなど、特殊な時は自分の得点より相手の減点を狙ったほうが効率よかったりもする。
普通は1トップ状態ってあんまりないので誰か一人を邪魔していると自分の点が伸びないので邪魔した以外の人に負けることが多い感じ。自分が1トップで捲くれる可能性が一人だけとかならその人の妨害もありかもしれない。やったことはないけど。むしろこのゲームは最後計算してみるまで意外と点数わからないのでやるのが怖いともいう。

あとは書いてないけど種を蒔く一回で一気に点が伸びる場合もある。
前も書いたけど空いた畑5麦3野菜2だと7点だけど、この状態で種を蒔くと12点まで5点分の増加。

できれば資材集めなどは中盤に済ませておいて、後半はこういった即席の点数稼ぎに多く人員を裂けるようにすると点数が稼ぎやすいと思う。

1勝2敗

土日にうちに来てアグリコラやりまくった人たちお疲れ様です。

私は3戦して1勝2敗。
特に最終戦は駄目だったなぁ。調理場競争に敗れた時点で完全方向転換が必要だった。
庭師は調理場なしでは相当厳しい。
あとトイメンのじょっしゅに軽くて出しやすい小さな進歩が多く入ったせいでスタートプレイヤーをとってもすぐ取り返されることが多くてキツかった。

勝ったほうのやつも正直勝てたとは思わなかった。
柵を作るたびに家畜がもらえる職業を初手で見つけてつい実験プレイをしてみたくなったけど結局出せずじまい。

レンガ混ぜとレンガ屋で牛を増殖させて喰って、大きな進歩をあさって点を稼ぐ方針。
最後でなぜか畑+種を蒔くと畑が両方取れたりとか、それぞれの思惑がどうあったかしらないけど幸運な部分もありなんとか40点越えで1位。
レンガ混ぜの脳内評価が上がったw 増築もレンガにしてからやったほうが効率がいいくらいの勢い。単独で6点、へらと一緒なら7点超えくらいのパワーがある。レンガ屋と調理場が一緒にあればさらに↑
レンガの柱とかもあるしレンガ系は組み合わせで持ってると強いな。

2戦目はどうも下家のバニアスの動向がイマイチ把握できてなかったのが直接的な敗因。家族増やせるの自分だけだと思って後回しにしてたらバニアスに実は空き部屋があるとかで手数を大幅に損しているし。
あとハマった状態でのほら吹きの強さは異常。
昨日少し村の長老使って進歩カードプレイしてみたけど7枚くらいならなんとか出せる。
もらえるボーナスがでかいので、隣の人に渡す系の進歩とかが手札になければ狙っていってもいい感じ。

ここ最近まったく鋤系のカードを引かない。
畑番みたいなのも引かない。それでも畑は最終的に4枚くらいは張れているあたり狙っているにせよそこまで必須のものではないのかな。出しやすさを考えると他人が出した鋤に食料払って便乗とか地固め機とかのほうが効率いいかも?
それよりも麦や野菜が追加で手に入る系のものが欲しい。畑プレイに入る直前、蒔きつつパンも欲しいという欲求を満たす。

食料供給が間に合えばやはり乳母は強い。
絶対に増築が必要なので資材的にはややかかるが手数の多さでカバーできる。
カバーしようと資材を漁る行為そのものが他の人の妨害にもなるし。
ドラフトで乳母を選ぶのであれば、小さな進歩の選び方は食料供給の方向性、無理なら出しやすい進歩でスタートプレイヤーを狙い、かまどや調理場を取り損ねないようにもっていくのが正解かも。
つかドラフトで乳母いたら選んだほうがいいなw

5人プレイの製陶所の強さは異常。あれは5点のカードだ。レンガが食える面でも井戸より強いんじゃないか?

そしてあれだけ馬鹿にしていた家具製作所でなんとか生き延びれた場面とかもあったりw
とるものないから2点の意味合いでとったけど、最後の収穫で1個だけ足りない食料を余った木で補ったことで家畜も野菜も減らずに1点。計3点になった。腐っても大きな進歩だ。

あと土日来たメンツにアドバイス。
厩は基本柵の中がいいです。柵の外の厩は0点なので未使用埋めても-1→0で1点分。柵の中なら0→1で1点分。そこは同じ。

柵の外に置くメリット
・牧場が一個だけの場合限定で、家、牧場と別の種類の家畜を飼える。
柵の中に置くメリット
・牧場の収容量が倍になるため繁殖できない状態にはほぼならない。
・畑や家の伸びる方向を邪魔しない。

厩が邪魔でせっかく畑+種まきが余っているのに取れないとかそういう事態はばかばかしい。
畑で埋めれば5個以内なら2点分(畑2個目なら3点分w)なんだし。

あまきは進め方がバランスいいので、あとはカード得点およびボーナスを気にすれば勝てるようになると思う。まずは井戸をこだわってとりに行ってみると感覚がなんかわかるのではないかな。
お勧めはレンガに改築すると同時にゲット。

そんなこんなでアグリコラ合宿の感想おわり。

大きな進歩

大きな進歩は序盤、かまどや調理場、暖炉を狙って食料事情を改善、後半は製作所関係や井戸で点数増強、というのが大きな流れだと思う。

かまどはもっとも安いくせに、羊を焼く分には調理場と変わらない性能がある。
ステージ2まではどうせ羊しかいないことを考えると(例外:5人プレイ)、畑が仕上がるまでのつなぎとしては優秀。畑派は暖炉までのつなぎにかまどを取るか、一気に暖炉をゲットか悩みどころ。石の手に入りやすさにもよるか?

調理場は家畜派の必須カード。かまどを返すことで取れるため、レンガ4~5を集めるチャンスがなさそうと踏んだら2段階で確実にゲットしたほうがいい。効率は悪いけど。
野菜プレイにも必須。小さい進歩の調理コーナーは調理場を返すことでしか出せないのでとりそびれないように。

暖炉系は取った瞬間パンを焼くアクションができるのが何気に強い。これがあることでパンを焼かないと飢えるときに先に種蒔かれたチクショウ、といった事態を大きな進歩アクションで凌げる。

小さな進歩や職業で比較的パンを焼く機会が多く取れる場合(パン焼き長老やパン焼き職人、脱穀そりなど)レンガ暖炉のほうが実は優秀。パン焼き小屋など暖炉を返して出せる上位パン焼きカードがあったときもレンガ暖炉の方がいい感じ。そういうのが無いときで畑プレイをするなら石の暖炉はほぼ必須。最悪でもレンガ暖炉+かまどくらいはないとパンで増えた家族を喰わせきれない。
レンガ暖炉+調理場は石の暖炉の上位互換。かまど経由で暖炉行くならここを目指すべきか。直接調理場でもいいけどレンガが最低7つ必要。

暖炉系は得点も高い。石の暖炉に至っては井戸と1点しか違わない。パン焼き部屋あるのに得点稼ぎとしてとりつつパンを焼いて食料補給とか最後にすることもある。

井戸は得点目当ての場合がほとんど。1カテゴリ最高点の4点を石3木1で提供されるのは安すぎるくらい。食料5も手に入るし。井戸をとって小さな進歩村の井戸を出してもう一回井戸をとるとか意味わからないプレイとすると楽しい。

余談。一般的に、ステージ1で2人、ステージ2で3人、ステージ4で3~4人、ステージ5で4~5人、ステージ6で5人とすると、最大で食料は38必要な計算。そのうち5を提供してくれる井戸の効果はどんなもんでしょ?
全体の13%だから割と馬鹿にきでないと思うけど。1ずつ手に入ると実感しづらいのも確か。

製作所関係では得点目当てではおそらく陶製所が一番強い。4人プレイ以上ではレンガ2とかレンガ3とかあるからあっさりボーナス3点が手に入り実質5点みたいなもの。

かご製作所は葦が貴重な関係でボーナス3まではいきづらいが食料3に換えられるため他の2つに比べて収穫フェイズの凌ぎになる。得点+食料のバランスは一番いいかも。

家具製作所はとったことないw
ゲーム全体を通して不足しがちな木を食うとかありえないし、7本も残ってたら牧場作ったほうがよかったりするし、こいつは実質ただの2点。資材的にもこれとるくらいならもう少しがんばって井戸とったほうが遥かに強いと思う。

大きな進歩は家具製作所を除いてどれも強い!
経験的に井戸と陶製所を取れたらかなり勝てる感じ。
全員のレンガ、石の数見ながら欲しい大きな進歩を確実に手に入れられるように資材を準備するプレイングをしたい。

 ▲ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。