スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4グリ3戦して1勝

1戦目は初手にいた愛人をスルーして季節労働者をとって遊んでみたが、その後のドラフトで絞りが甘かったせいか、下家の夢生場が初手魔術使いを取っていたのもあってか食料が潤沢になってしまい、愛人にやられた形に。

2戦目は単純ミス。牛飼いと牛使いの能力を間違えていたw
寄せでラストに牛飼いで2点、と思っていたら無理で牛が手に入らず。
結局1手まるまる余ってしかも1点差で3位……(1位は同着で40点。私は39点)

3戦目にしてようやく勝った。
収入役がいたので畑よりにプレイ。屋根がけ、小売人でかなり手数を圧縮できた。荷車も麦4個フルに得られるタイミングで出せた。レンガ暖炉を押さえた結果まるたいが喰うに困って井戸ではなく石の暖炉に走り、おかげで井戸をゲット。終盤あきらかなプレイミスで数点失っているが、中盤のアドバンテージで逃げ切り46点で勝利。

・荷車と小売り人で一度も麦も野菜もアクションせずに、蒔いて焼くのに十分量稼げた。
・屋根がけで鶏小屋を含めて必要な葦がかなり減った。
この2点がすごくきれいにはまった。
あとはめぐり合わせ問題かなぁ。小売り人から資材3つ買ってレンガ暖炉とって食料5という「よくあるパターン」を実施した結果、食うに困ったまるたいが石3ある状態から井戸をスルーすることになり、たまたま私が井戸取れる、とか。
スポンサーサイト

アグリペディアVol.1

一昨日の24時間耐久アグリコラのときにげたが忘れていったので読んでみた(酷

Eデッキの解説と評価とゲームを通しての基本戦略が書いてあった。

自分なりのやり方が決まるまではとりあえずこの本の通りにやってもそんなに間違いではないな、とは思えた。
カード評価は私と違う部分も結構あったけどもその辺は個々人違うものなので問題もなく。

ただひとつだけ、明確にルールの間違いが書いてあったのでそこだけ気をつけたほうがいいかな。

キノコ探し(E196,1+)
アクションスペースにある木材を取るたび、その中から1つ取らずに残して代わりに食料2を得ることができる。



こいつは5グリの「葦+石材木材」のアクションでは発動しない。
詳しくはagricola-compendium-v8.0参照。
だから5グリのキノコ探しは2箇所でしか動かない。4グリより少ないのでちょいと価値は落ちる。

ちなみにイチゴ集めは発動する。
葦石木アクションの木をトリガーに動くのは
・木こり
・レンガ職人
・イチゴ集め
・出来高労働者(木以外も全部トリガー)
・材木買い付け人(他プレイヤー)
・資材商人(買い付け人に買われたら動かない)

逆に動かないのは
・キノコ探し
・かご(そもそもキノコ探しが動かない時点で動く要素はない)
・猪猟師(上に同じ)
・木材荷車

キノコ探しは「そもそも累積しないアクションスペースに木材が残るのはどうなん?」ていう思想かもしれないけど木材荷車が動かない理由は単に「強いから」なんだろうな、とか思った……からちょっともう一回読んでみたけども、なんか3人プレイの「好きな資材一つ」では使えないと書いてないな、キノコ探しも木材荷車も。

買い付け人のとこでは「3人プレイの好きな資材スペースで木を取ったプレイヤーがいたら買える」とか書いてあるから、アクションそのものが忘れ去られているわけではなさそうだけども。

3グリで好きな資材で木を選んでキノコ探しで木材1残し、次にかごもって行って木材2残し、もう一度行ってキノコ探しとかご両方使って木材3残し、次は好きな資材と木材3手に入るぞ、わーい!! とか出来たらちょっと気持ち悪いので葦石木でNGなものは好きな資材スペースでもNGってことにしたいなぁなんとなく……

骨細工大爆発w

頭のおかしいコンボは今までさんざん見てきたが、さすがぜつはレベルが違った。

ドラフト初手、ゴミ箱といっていい職業の集まりを見るぜつ。
唯一初手レベルのカード石買い付け人を無視して猪使いを取る。

「戻ってきた骨細工で戦う!」

意味ワカラン決意を固めるぜつw
その後牛使いやら動物園やら家畜に理想的なカードが集まる。
そしてやはり戻ってきた骨細工。

ゲーム開始するとなんとけーじろーから営林士が!!
骨細工プレイに迷うことが無くなったぜつは、1Rレンガ3→レンガ1でいきなり調理場を確保する構えから木材をただひたすらに集める。

猪使い→牛使い→骨細工→猪飼いと展開して厩1つと動物園で家畜3種+猪の繁殖スペースを確保。
増えた猪を焼いては木材を骨細工に乗せ続け、最終的に骨細工の上に積みかなさなる20本の木材w

しかも木の家で2件増築+マックスの柵を引いているので使った木材は一人で50本以上w

満を持して出てくる小作人で空きスペースのマイナスをなくし、マイナスは畑のみという状態へ。

骨細工だけで実に16点を稼ぎ合計53点の農場に。

残念ながらほらふき成り上がり工場主を展開したちこが59点を出していたため勝てなかったものの、見てて滅茶苦茶面白いプレイだったw

骨細工は確かに理論上こういうことも出来るけども、20本も乗せたら普通は増築や柵で死ぬ。そのへんは営林士さまさまなのだけど、営林士による増加分26本を全部ガメたとしても普通は50本いかないw
このへんぜつがうまく木材を取るタイミングをコントロール出来た結果なんだろうな、と思う。

けーじろー:37
まるたい_:17
ちこ___:59
ぜつ___:53
しるば__:32

そんな24時間耐久アグリコラのひとコマ。

増築改築について


石を投げないでください  アグリコラ(5)



暇な時間にネタ探ししてたらトラックバック先を発見。
とりあえず増築改築のルールを整理しておこう。
全てagricola-compendium準拠。

★基本
1.増築、改築をするとき、全職業や進歩の能力は適用される。つまり小さい進歩の「~の家増築」に梁打ちを載せるとか可能。

2.増築改築材を「~でよい」「~になる」などのテキストで変更しているものついてはその資材に「変更する」。小さい進歩で「木の家増築」をしたときに「斧」の能力を適用したい場合は「木材2、葦2」が必要。葦1にはならない。斧、大工など「変更する」類のものを複数持っているときはどれを適用するか選べる。また1部屋ごとに違う効果を適用して複数部屋増築をしてもよい。

3.増築改築材を「~で代用できる」「減らす」などの効果は、2.の効果適用後に乗せて良い。大工、石切り、梁打ちがいれば葦2木材1で石の家増築できる。レンガの柱、レンガ貼り、はしごで木材1でレンガの部屋増築できる。

さてここまでは今までやってきた通り。
で、ここが問題というかagricola-compendiumと日本語版が食い違う決定的なアレなんだけども。

★レンガ積みとレンガ貼り
日本語版の説明書にわざわざこの組み合わせだけ、「組み合わせ不可」と明記されているのだけど、agricola-compendiumを見る限りこの組み合わせは「OK」

しかも[]で括られた「非公式なので適用は自己責任」という扱いではなく普通の注釈で。
「レンガ積みとレンガ貼りで、葦1で改築やレンガ1葦2で増築できる。同じように大工と組み合わせてレンガ1葦2で増築できる」と明記。

普通に考えて大工やレンガの柱がOKなのにレンガ積みだけ特に理由もなく「組み合わせ不可」っていうのは確かにオカシイと思う。

となると誤訳なのかな、と考えるとそれはそれで何故この組み合わせだけ……と疑問が。

とりあえずこの制限は理不尽だと思うので今後は「OK」ってことで処理したいんだけどアグリコラ部の面々はどう思う?

 ▲ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。