スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2人プレイで勝利

チームさいたまタイマンルール。

2人ドラフトではほとんどのカード内容抑えられてツマラナイため「10枚引いて3枚捨てる」を職業と進歩に適用してやってる。

と言うわけで今日の2人コラは50対48で勝利。

職業で畑番を引いたのに序盤ほとんど使えず。
というのも後手で、2ラウンドに柵運びを出す必要があったため。その後柵管理人も無事出して木材なし柵計画。
しかしこれは盤面を埋める手数制作であり、狙いは別。
ラウンド7で石運び、ラウンド8で石を3個ゲットし井戸。
でもってラウンド9で水運び、スタートプレイヤーで村の井戸。ラウンド10で石材3取ってもう一回井戸。

要するに盤面で最低限離されない程度に点数を稼ぎつつ井戸で勝つプラン。
メインにならなかったとはいえ、合間合間に畑番がせっせと盤面埋めて最終的に畑も5個で種もMAX。

盤面では離されたもののなんとかカード点数でまくれる範囲まで進んで勝った。

今回ので石運びの評価が上がった。3人プレイ以下では「葦が目当てだったのだけどいつの間にか溜まっていた石」とかが存在しないのでカード点数稼ぎは純粋にステージ2と4の石材アクションしかない。
それを取り合う中で+1個は相当大きいアドバンテージだった。
石材は井戸や石の暖炉、石の家増築などのボーダーである3個から重みを増すので取られやすい。
2個の段階で3個分かっさらえる石運びは1ラウンド先を行けてかなりやりやすい。

ほんとは木のクレーンが好きなんだけど、あれは出すのが大変だからあまり人気ないねw

他に評価があがったのが簡易かまど。レンガ1で出せていつでも調理場にグレードアップできるのは相変わらず安定感があっていい。2人プレイだとレンガが2個溜まるのすら時間がかかるのでこの1個差はでかい。

あとこれはしるばにやられて結構強かったのだけど、大工とレンガ貼りでレンガ増築。葦がネックなもののレンガがあまりいらないプランなので2人プレイでもかなりの数行ける。葦自体は2人だと余るから増築随分楽そうだった。

つかレンガ貼りが自分の中で結構評価上がってきている。進歩のレンガも-1なのが地味に強いんだよな。
スポンサーサイト

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。