スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の2戦

3人プレイ。
私としるば、夢生場。
初手でパン職人とはしごを取る。どっちもそこそこいいけど方向性が決まらないチョイス。
その後、石切場、ギルド長が手に入ったので工業プレイがいいかな、と思い販売人も取る。
畑準備もそこそこに石切場設置して販売人でひたすら大きい進歩をゲット。
盤面こそショボイものの大きい進歩とボーナスで22点稼いで42点で勝利。
この勝負は10ラウンド目まで家族2人とかいう辛い状況だったけど10ラウンド目に2部屋増築し3人目、11ラウンドに4人目、と増やしてなんとか捲れた。家族少なくても食料事情を万全にしておいて手数を浮かし、販売人のような効果的なことができるダブルアクションで手数を稼ぐと意外と持つものだと学んだ。

2人プレイ。
夢生場帰宅で私としるば。学者がいたので使おうと計画。お気に入りの木のクレーンを設置しサクサク改築し石を掘る体制。しかし家庭教師プレイをしているしるばにずっと職業を抑えられて学者が出せない。
結局10ラウンド目あたりでようやく出せて、そこから毎ターン大きい進歩をほったけど届かず敗北。確か35点。
負けたものの学者のポテンシャルを感じた。
毎ターンの頭に「じゃあ井戸貰います」「こんどは製陶所貰います」と言えるのはやはり強い。石をブーストできる何かと組み合わせてもう一回使ってみたい。
スポンサーサイト

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。