スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々にTRPGでプレイヤーをやった

みながーGMでナイトウィザードというやつを。

なんの予備知識もナシだったけど、ダンジョンアタックモノなんだな。

私がTRPG始めた高校くらいのときは廃れつつあったジャンルだったけど復権していたのはいいことだ。
ちなみにこういうのやったのは、はるか昔にウィザードリィ(だったかな?)のTRPG版やったとき以来。

世界観とか何の役職いればいいのかとかさっぱりなんで、調整はやったことある人に任せて適当にランダムでキャスター(魔法使い系)属性に。
キャスターに向いているという役職を4つほどGMに提示してもらい、その中から吸血鬼を選択。
この時点ではヒゲのおっさんでエセ貴族をやるつもりだった。

……が、後からGMに学園モノであり高校入学からです、と言われたので方針変更。
とはいえノープランなのでいろいろランダムで決定してみる。
結果女の子に。しかも髪の色白銀肌の色白とか真っ白な状態に。
こういう外見書き込むとこがあるキャラシーが古参ゲームと違うっぽい(?)

つかキャラシー見るからに戦闘特化っぽいシステム。
ダンジョンアタック系だから当たり前っちゃあ当たり前。
データ量が多すぎる上に貸し借りを禁じるシステムのため、道具回りも他人任せに出来ないため結構重たい。
そういやこの辺の貸し借りが出来ない世界観的理由付けは無かった気がする。
最近のゲームでは一般的なのかな。コンピュータゲーム的ではある。主にMMO系の。

とりあえず空を飛べる用にした。
あとは装備品扱いの魔法をゲット。
外見上は何でもいいらしいからデミトリっぽくカオスフレアでもよかったけど出自表降ったらフリーターだったから貴族でもないし、と悩んだあげく目からビームに。
スペースリパースティンギーアイズっぽいイメージだったけど体液発射もどうかと思い、普通にビームに。
あとはドレインライフと何か一つとったけど忘れた。

まずは練習セッションから。
基本避けることをせず、攻撃を食らったら(おそらく)平均2発程度で絶命するNPCがいるので、そいつを制限ターン守りきれ、というやつ。
ゲームシステム自体が乱数値幅に対して基底値の差がかなりデカイバランスで出来ているため、PCも「攻撃を食らうためのキャラ(ディフェンダー)」以外が攻撃を食らうと死にかねないw
5人中ディフェンダーが1人のため、そいつがNPC鉄板であとは敵を必死に減らそうとしたものの、他人をかばうにもMPが必要で、ディフェンダーは基本MPが高くないためあっさり使い切り。
敵のほうが動きが早い上に増援もあり、手数の問題でNPCあっさり死亡。ミッション失敗。
振り返ってみると、「ディフェンダーが庇える攻撃回数6回(+NPCが自力で耐えてくれるかもしれない1回?)の間に敵を全滅させる」ミッションだったわけで、敵の数が初期4、追加2であることを考えると攻撃陣の火力が足りなさすぎたなぁという感じ。少なくとも3体くらいは攻撃前に沈黙させないと辛い。
私のキャラはそこそこ火力はあるけど全く当たらなかったなぁ。

で、それはそれで失敗ミッションで終了。成長をしてからより簡単なミッションに突入w
今度は敵全滅ミッション。こっちはあっさりクリア。

その後お話は進み、練習ではない普通のミッションに突入。

全然関係ないけど魔王とか偉いNPCの公式ビジュアルが美少女ばかりで胸焼けしたw
おっさん成分が足りない。自分がGMやった場合を妄想すると、あのへんはほぼ全て爺とかおっさんとか人外の造形にしないと精神衛生上キッツイと思われるw

特に分岐もない感じだったのでマッピングもせずズンズン進んでいく。
たまに出てくる敵の強さはさほどでは無かったものの、トラップがまずかった。
そもそもキャラメイク時にはダンジョンアタックモノだと思ってなかった+シーフに相当する役職がいないので必要な気がしてなかった+特におすすめスキルでもなんでも無かった、のコンボで罠感知に関しては全く無能なキャスター2名。
素の能力値だけでは限界あるのか、ガンガントラップにかかる。
特に吊り天井が凶悪で、部屋にいると強制的に全員ヒット。前衛系の役職でも痛いダメージ設定のため、後衛が食らうと即死。キャスター2名は見事瀕死に。私のは吸血鬼で復活するスキル取ってたので自動蘇生したけど、しるばキャスターは生死判定。
あと、トラップでは無いけど空飛べない縛りの空間で絶対にわたらないと行けない橋も辛かった。
回避策が何一つ無いので自力で判定成功する以外選択肢がなく、後衛系は敏捷が低い。HPも低い。
悉く落ちては這い上がり体力を回復し、のループをしつつボスの部屋へ。
流石に危なげなく、とは行かなかったものの、なんとか倒してミッション終了。
最後のアイテム争奪戦でゆっきーにサイコロ勝負で負けてご褒美アイテムはゲットならず。

セッション後の成長で必死になってサーチトラップやらヒールやらを覚えてみたw
あと1回だけ「目から命中地点で爆発するビーム」を打てるようになってみた。

しかしこれシティアドベンチャーとかでディフェンダーとはぐれてるときに戦闘になったりしたら誰よりも早く動いて白旗上げないと死ぬな、絶対w
そのディフェンダーも魔法攻撃食らったらヒーラーがいないとコロっと行くし、バラけて情報収集とか危険すぐるw

キャラメイクに乱数が存在しないためきっと人数ごと、スタートレベルごとの最適解はあるのだろうなぁ。
最適パーティと適当パーティの間には凄まじい戦力差がありそうだ。

とりあえず6~8レベルを目標に吸血鬼を上げていく予定。
取らないといけないスキルがいくつかあるため。

尚、次回はGMがなんか設定を付け加えてくれるらしい。
あんまりアドリブに強くないから無茶なのはやめてねw

というわけで楽しかったです。
参加者おつかれー。
みながーおつかれー。
スポンサーサイト

コメント

No title もも : 2010/01/14 (木) 00:08:15 修正

TRPGいいですねぇ。もう15年ほどやってないです。
ふぇりあんさんとこはいっぱいゲームがあって楽しそうだ。しるばさんとふぇりあんさんとまたゲームがしたいです~。

No title Felean : 2010/01/14 (木) 10:52:46 修正

>ももさん
これはさいたまに遊びに来るフラグ!?
もしくは東京村で僕と握手!?

TRPGは人集めるのが大変なのでだんだんやらなくなってきちゃいましたが、やっぱやれば面白いもので。
定期的にやるのはアリだなぁとか考えています。

その他ボドゲも随時面白そうなの買っていっています。
ただアグリコラ以降停滞気味w
アグリコラが面白すぎるんだよ!!
しかし人に広めようとは思わない不思議。重いし好みの分かれるゲームだからなぁ。

しるばがまた一緒にピクショナリーやりたいと申しておりました。
機会見つけてまた遊びましょう!
     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。